引っ越し ベッド 料金

引っ越しでベッドの料金はいくら?簡単に安く運んでもらおう

引越しの最難関、それは大きなベッド!!
あなたはどうする?  選択肢は3つ。

 

ベッド

持って行く!

 

誰かにあげる!

 

処分する!

 

 

いずれにしても、とにかく部屋から出さなきゃ!

 

タンスや机などの大きな家具は、引き出しの中を全部出して2人で持てば、素人でも運ぶことができます。しかし大きなベッドとなると、持ち上げることはおろか部屋から運び出すなんて至難の業です。引っ越し業者は一体どうやってベッドを運んでいるのでしょうか?

 

 

実はベッドは分解して運び、新居で組み立てるんです。  
ご存知でしたか?

 

組立

あの忙しい引っ越しの合間に、分解して組み立てまでやってくれるのです。ということは、分解して組み立てれば自力でも運べるということですね。

 

自分でベッドを分解するには時間がかかります。部品をなくしたり、けがをしたらもう最悪です。分解・組立は慣れた引っ越し業者だからできることで、自分たちでやるのは時間もかかりますし部品をなくしたり、けがをしたりとおすすめできません。

 

引っ越しの時に大きなベッドを運び出す予定でしたら、何社かの引っ越し業者に見積もりを取りましょう。

 

費用を安くしたいならベッドや大きな家財だけお願いした場合と、
すべての荷物をお願いした場合とで見積もり依頼してみるのもいいと思います。

 

あまり金額が変わらないなら、全部業者さんにやってもらったほうがいいですよね。
まずは料金を確認してみましょう

 

=>引越し一括見積もりはこちら

 

 

 

 

もっと料金を安くしたい!

 

もっと引越し費用を安くしたいなら、複数の業者から見積もりを取ることです。
いくつか比べて競争しないと、費用が安くなることはあり得ません。

 

1回の入力で複数の引越し業者から見積もりが取れる「一括見積もりサイト」がおすすめです。

見積もり

簡単で便利、引っ越し業者の相場と一番価格の安いところがわかります。
100社以上と提携とありますが、お住いの地域に対応してくれる業者を選別して見積もりを取ってくれますので、ご安心ください。

 

その見積もりを見て最も安い業者にお願いするもよし、信頼できる大手の引っ越し業者にお願いするもよしです。 

 

ベッドひとつだけでも見積もりが取れます。
以下の見積もりサイトでいずれもベッドだけでも見積もりがとれます。

 

 

たくさん見積を取るとさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加


ズバット引越し

安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる

ホームズ引越し

不動産情報で有名なHOMES
・あなたに合った業者がみつかる

 

 

 

大きくて運び出せない!!

いずれにしても、とにかく部屋から出さなきゃ!

 

タンスや机などの大きな家具は、引き出しの中を全部出して2人で持てば、素人でも運ぶことができます。
しかし大きなベッドとなると、持ち上げることはおろか部屋から運び出すなんて至難の業です。

 

プロは一体どうやってベッドを運んでいるのでしょうか?

 

実はベッドは一度バラバラに分解して運び、新居でまた組み立てるそうです。  
ご存知でしたか?

 

 

あの忙しい引越しの合間に、分解して組み立てまでやっていたなんて驚きです。
ということは、分解して組み立てれば自力でも運べるということですね。

 

でも自分でベッドを分解するには時間がかかります。
部品をなくしたり、けがをしたらもう最悪です。

 

大きなベッドを運び出す予定でしたら、何社かの引っ越し業者に見積もりを取ってみましょう。

 

費用を安くしたいならベッドや大きな家財だけお願いした場合と、すべての荷物をお願いした場合とで見積もり依頼してみるのもいいと思います。
あまり金額が変わらないなら、全部やってもらったほうがいいですよね。

 

もっと引越し費用を安くしたいなら、複数の業者から見積もりを取ることです。
いくつか比べて競争しないと、費用が安くなることはあり得ません。

 

1回の入力で複数の引越し業者から見積もりが取れる「一括見積もりサイト」がおすすめです。

 

簡単で便利、引っ越し業者の相場と一番価格の安いところがわかります。
100社以上と提携とありますが、お住いの地域に対応してくれる業者を選別して見積もりを取ってくれますので、ご安心ください。

 

その見積もりを見て最も安い業者にお願いするもよし、信頼できる大手の引っ越し業者にお願いするもよしです。 

 

 

断捨離でも捨てるということの大切さについて

そもそも、片付けというのはものを捨てるところから始まります。
いらないものを捨てて、いるものを整頓することです。
捨てるべきなのか取っておくべきなのかの判断をしっかりすることが大切です。
片付け下手な人は優柔不断で三日坊主。整頓上手な人は決断力があり目標設定ができるという点が違います。

 

捨てていい?

捨ててもいいものでしょうか

捨ててよいものなのか良くないものなのかの判断をするのはなかなか難しいですが、その分類をするポイントがあります。ひとつめは「もしかして」「いつか」という考え方を捨てること。

 

念のため、いつか使うから、もしかして必要になるかもしれないと考えてとっておいているものはいずれにせよ使いません。

 

二つ目は「使うか」「使わないか」の判断です。いる、いらないで考えてしまうと、ついついいるという方に傾いてしまいがちですが、そもそもそれを「使うのか?」と問われると使わないなぁ、と思うことも多いでしょう。
冷蔵庫の奥にある賞味期限が切れた食品はこの先使いませんし、買ったけど着ていない服は、おそらくこの先も着ないのでしょう。
だったらリサイクルショップに売って新しい着る服を買ったほうがお得なはずです。

 

三つ目はタダのものはとりあえず捨てることです。お菓子の放送し、リボン、もらった割り箸などは、いつかは使えるかもしれませんが使わないからそこにあるのです。タダでもらったのなら、思い切って捨ててみましょう。