引っ越し ベッド 料金

引っ越しでベッドの料金はいくら?簡単に安く運んでもらおう!

引越し ベッド

引越し ベッド

引越し ベッド

引越し ベッド

引越し ベッド

 

引越しの時に案外困る家具がベッドです。
大きいですし、重いので自分で運ぶのはちょっと無理がありますね。

 

ベッドを運ぶことが出来る業者は便利屋・宅配業者・引越し業者くらいでしょうか。
ベッドは一度分解して運びだし、配達先で再び組み立てます。

 

便利屋は時間単位で料金が発生しますから、近所への移送ならいいですが遠方ですとかなり高額になります。

 

宅配業者といってもベッドを運ぶことが出来るは家財便のある一部の大手宅配業者のみです。
競争がない分、費用は高めに設定されています。

 

郵便局のゆうパックは3辺の合計が1.7m以下、30kgのものまでしか運べないのでベッドは対象外です。

 

ベッドを運ぶのにオススメなのが引越し業者です。
引越し業者は数が多く、ベッドのみ・タンスのみ・冷蔵庫のみでも運んでくれる会社があるからです。
まずは見積もりを取ってみませんか?

 

引越し ベッド

 

どこに依頼するかは、見積もりが出そろってからでも遅くないと思います。

 

一括見積もりなら、何度も見積もりを取る必要もないので簡単で便利です。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


ライフル引越し
引越し

・はじめての引越しにもおすすめ

 

 

 

引越し業者の繁忙期と送料の関係

 

引越し ベッド 送料

 

引越し業界には通常期に対して、繁忙期と呼ばれるとても忙しい時期があります。
繁忙期は3月前後のことを言います。

 

この繁忙期にはちゃんとした理由があります。
日本では4月から新学期を迎えるため、新社会人や新大学生が新生活のために3月に引越しをするのです。
新学期を前に一人暮らしを始めたり、寮に入ったり、地方から都会に出てきたりするので引越しが同じ時期になってしまいます。

 

しかもこれだけではないのです。

 

日本の会社では春と秋の2回、人事異動があります。
この春の人事異動が4月の新学期をスタートとするので、やはり3月に引越しをすることになります。

 

これに通常の引越しもありますから、繁忙期はかなり忙しくなるわけです。

 

もちろんベッドだけを運びたい場合も、繁忙期のほうが高くなるのでこの時期はできれば避けましょう。

 

繁忙期にはスタッフを増やしたり、残業になることも多いので、どこの引越し会社も引越し費用を通常期よりも高く設定しています。
もし引越し時期にこだわりがないのであれば、この時期は避けて引越しするのがオススメです。

 

 

ベッドをレンタカーで運ぶことは出来る?

 

ベッド レンタカー 運ぶ

 

自分でレンタカーを借りてベッドを運ぶのはどうだろうと考えませんか?
普通免許で運転できるトラックは2t未満ですから、軽トラック・1tトラック・1.5tトラックのいずれかになります。
トラックの運転に不慣れであれば、軽トラックが小回りが利くのでオススメです。

 

軽トラックの荷台は長さ194cm×幅141cmですから、ダブルベッドのサイズとほぼ同じくらいです。

 

シングルベッドかセミダブルなら、もしかしたらそのまま運べるかもしれませんね。
その他の大きいベッドはやはり一度分解して運ばなければなりません。

 

ちなみに軽トラックのレンタル料は1日7000円〜10000円ほどかかります。
最後にガソリンを満タンにして返却しなければなりませんので、ガソリン代もかかります。

 

近距離への配送であれば1日もあれば充分ですが、遠距離の時は時間も費用もかかるので自分で運ぶメリットは少ないようです。

 

レンタカーは借りた営業所と違う営業所に返却することができますが、結構な手数料がかかります。
2つの営業所の距離が遠ければ遠いほど、手数料は高くなります。

 

 

引越しと初期費用

 

引越し 初期費用

 

賃貸物件を契約する際にかかる費用は高額になりがちですが、どんなものがあるのかご存知ですか?
物件の契約費には、以下のようなものがあります。

 

敷金・礼金・仲介手数料・家賃2〜3か月分・連帯保証会社利用費用・火災保険・カギの交換費用など

 

敷金は物件を退去する際に汚れたり傷んだ壁紙や床材などを補修する費用で、入居前に貸主に預ける形になっています。
部屋を綺麗に使っていて、退去時に特に問題がなければ返還されます。
最近は退去の際にさらに修繕費を求める事案が発生しているそうなので、入居前に契約書をしっかり確認しましょう。
もともとあった大きな汚れや傷は、家具のない状態で写真を撮っておきましょう。

 

礼金は貸主へのお礼として昔から慣習的に支払われていたものです。
指定されている場合は支払う必要がありますが、最近は礼金ゼロという物件も出てきました。
賃貸経営の流行により空き家が増えて来たため、部屋を探している人が少しでも入りやすくするために礼金ゼロにしている貸主さんがいるようです。

 

物件によっては2か月分、3か月分の家賃を先払いを求める貸主もいます。
近年家賃の滞納が社会問題となっていますので、ちゃんと家賃を支払う能力がある人かどうか確認しておきたいということでしょうか。
それなりに貯金がないと、引越しは出来ませんね
逆に1か月フリーレントといって、1か月分の家賃が無料ですからぜひうちの物件にお入りくださいという貸主もいます。

 

仲介手数料は物件を紹介してくれた不動産会社に支払う費用のことです。
家賃の1カ月分だったり、家賃の数パーセントだったりと会社によって異なりますので、確認しておきましょう。

 

昔は賃貸契約の際に連帯保証人として親の名前などを契約書にサインさせたりしたものです。
しかし最近は、一人っ子や一人親などいろいろと事情があって連帯保証人を用意できない人が増えました。
そこで連帯保証会社利用費用を支払って保証会社に依頼するのが主流になりつつあります。

 

賃貸物件は集合住宅なので、必ず火災保険に加入させられます。
なぜなら隣部屋の方が火元で火災が起こった場合でも、自分が火災保険に加入していなければ相手に賠償を請求することができないからです。
日本は一軒家にしても集合住宅にしても、距離が近いため燃え広がり安く、一人の保険料で他人の賠償までは補償できないので、火災保険の加入は必須です。

 

物件に入居する際に鍵の交換を行ってくださいね。
前の住人がスペアキーを作っていた場合、自分の家のカギを持っている可能性があるのは気持ちのいいものではありませんものね。
前の住人が良い人かどうかもわかりませんので、防犯のために鍵は交換しましょう。
費用は1.5〜2万円くらいです。

 

このように契約時にかかる費用は物件を扱う不動産会社や貸主さんの考え方によってかなり差があります。
契約をする前にしっかり確認しましょう。

 

 

もっと料金を安くしたい!

 

引越し 費用 安く

 

もっと引越し費用を安くしたいなら、複数の業者から見積もりを取ることです。
いくつか比べて競争しないと、費用が安くなることはあり得ません。

 

1回の入力で複数の引越し業者から見積もりが取れる「一括見積もりサイト」がおすすめです。

 

簡単で便利、引っ越し業者の相場と一番価格の安いところがわかります。
100社以上と提携とありますが、お住いの地域に対応してくれる業者を選別して見積もりを取ってくれますので、ご安心ください。

 

その見積もりを見て最も安い業者にお願いするもよし、信頼できる大手の引っ越し業者にお願いするもよしです。 

 

ベッドひとつだけでも見積もりが取れます。
以下の見積もりサイトでいずれもベッドだけでも見積もりがとれます。

 

 

引越しの挨拶

 

引越し 挨拶

 

引越しをしたら、ご近所さんへ挨拶に行きましょう。
面倒だな〜と思われるかもしれませんが、長く住むかもしれませんので最初の印象は大事にしたいですね。

 

引越しの挨拶は、引越し当日か遅くとも翌日には行ってくださいね。
案外早くて驚かれるかもしれませんが、顔見せの挨拶だけでなく、引越し作業でトラックが道路を塞いだり、ドタドタ足音が響いて申し訳ありませんという謝意も込めているからです。

 

タイミングを逃すと行くのが面倒になりますし、挨拶よりも先に駐車場や道路でバッタリ会ってしまうと一層行きにくくなってしまいます。

 

ではどこまで挨拶に行くのが一般的でしょうか?

 

マンションなら上下左右の部屋の方に、一軒家なら向こう3軒両隣に挨拶しましょう。

 

何も持たずに手ぶらで挨拶に行かれる方もいますが、お互いに初対面ですから簡単な手土産を用意するのがいいかと思います。
手土産は高級なものではなく、お菓子・お茶・タオル・洗剤などの消耗品で500〜1000円くらいのものがオススメです。

 

 

大きくて運び出せない!!

いずれにしても、とにかく部屋から出さなきゃ!

 

タンスや机などの大きな家具は、引き出しの中を全部出して2人で持てば、素人でも運ぶことができます。
しかし大きなベッドとなると、持ち上げることはおろか部屋から運び出すなんて至難の業です。

 

プロは一体どうやってベッドを運んでいるのでしょうか?

 

実はベッドは一度バラバラに分解して運び、新居でまた組み立てるそうです。  
ご存知でしたか?

 

 

あの忙しい引越しの合間に、分解して組み立てまでやっていたなんて驚きです。
ということは、分解して組み立てれば自力でも運べるということですね。

 

でも自分でベッドを分解するには時間がかかります。
部品をなくしたり、けがをしたらもう最悪です。

 

大きなベッドを運び出す予定でしたら、何社かの引っ越し業者に見積もりを取ってみましょう。

 

費用を安くしたいならベッドや大きな家財だけお願いした場合と、すべての荷物をお願いした場合とで見積もり依頼してみるのもいいと思います。
あまり金額が変わらないなら、全部やってもらったほうがいいですよね。

 

もっと引越し費用を安くしたいなら、複数の業者から見積もりを取ることです。
いくつか比べて競争しないと、費用が安くなることはあり得ません。

 

1回の入力で複数の引越し業者から見積もりが取れる「一括見積もりサイト」がおすすめです。

 

簡単で便利、引っ越し業者の相場と一番価格の安いところがわかります。
100社以上と提携とありますが、お住いの地域に対応してくれる業者を選別して見積もりを取ってくれますので、ご安心ください。

 

その見積もりを見て最も安い業者にお願いするもよし、信頼できる大手の引っ越し業者にお願いするもよしです。 

 

 

断捨離でも捨てるということの大切さについて

そもそも、片付けというのはものを捨てるところから始まります。
いらないものを捨てて、いるものを整頓することです。
捨てるべきなのか取っておくべきなのかの判断をしっかりすることが大切です。
片付け下手な人は優柔不断で三日坊主。整頓上手な人は決断力があり目標設定ができるという点が違います。

 

捨てていい?

捨ててもいいものでしょうか

捨ててよいものなのか良くないものなのかの判断をするのはなかなか難しいですが、その分類をするポイントがあります。ひとつめは「もしかして」「いつか」という考え方を捨てること。

 

念のため、いつか使うから、もしかして必要になるかもしれないと考えてとっておいているものはいずれにせよ使いません。

 

二つ目は「使うか」「使わないか」の判断です。いる、いらないで考えてしまうと、ついついいるという方に傾いてしまいがちですが、そもそもそれを「使うのか?」と問われると使わないなぁ、と思うことも多いでしょう。
冷蔵庫の奥にある賞味期限が切れた食品はこの先使いませんし、買ったけど着ていない服は、おそらくこの先も着ないのでしょう。
だったらリサイクルショップに売って新しい着る服を買ったほうがお得なはずです。

 

三つ目はタダのものはとりあえず捨てることです。お菓子の放送し、リボン、もらった割り箸などは、いつかは使えるかもしれませんが使わないからそこにあるのです。タダでもらったのなら、思い切って捨ててみましょう。

2018/07/06 23:16:06 |
コンセントにプラグを差し込むと家電が動きますが、東日本と西日本でその周波数が違うのを知っていますか?東日本では50ヘルツ、西日本では60ヘルツなのです。日本では、「静岡県の富士川と新潟県の糸魚川あたりを境にして、東側は50ヘルツ、西側は60ヘルツ」の電気が送られています。理科の授業で習ったことがあるかもしれませんが、なかなか実感が沸きませんよね。しかし引越しの際にこのラインを超えると、家電に影響を及ぼすことがあります。家電には@そのまま使える家電 Aそのまま使えるが性能が変わる家電 Bそのまま使えない家電の3種類の家電があるのをご存知ですか?@周波数が、50Hzでも60Hz でもそのまま使える...
2018/05/20 22:40:20 |
引越し前に家の中を見渡してください。不必要な大型家具や壊れた家電はありませんか?大型家具を捨てるチャンスってなかなかないので、いらないものは引越しを機に粗大ゴミとして思い切って捨てましょう。粗大ごみはいつでも自分の好きなタイミングで捨てられるというものではありません。多くの市区町村でおそらく予約制で回収されます。普通のゴミは50p以下でないと回収してくれないところが多く、粗大ゴミは持って行ってくれないのです。そしてそれぞれの市区町村によって粗大ごみの回収方法は違いますので、ホームページなどで確認してください。<取りに来てもらう場合>@クリーンセンターやリサイクルセンターなどに連絡をし、粗大ゴミ...